消費者金融で借入れを行う場合、

返済時にはどのような注意点が

あると思われますでしょうか?

この点について、

一緒に見ていくことにしましょう。

第一に言えるのは、当たり前のことですが、

遅延してはいけない

ということです。

ただし、これは単に借入れをしている

業者との信頼関係が崩れるとか、

民事訴訟に発展するとか言う意味ではなく、

遅延の情報が後々にまで残る

という意味において、

注意が必要であるということです。

定められた期日にお金を返す

という作業は、

些細な作業ですが、

ちょっと面倒くさいというのも事実です。

けれどその面倒くささに引きずられて、

1日、2日と遅延をしてしまうと、

その情報が業者が加盟する

信用情報機関に登録される

ことになります。

つまり、例えば消費者金融の

金利は高いからという理由で、

銀行カードローンに鞍替えしようというときにも、

返済遅延の情報がカードローン審査の際に照会される

ということです。

これは大きな痛手ですよね。

それからもうひとつ、

返済の注意点ですが

出来ることなら短い期間で返す

ということが挙げられます。

消費者金融の返済方式は、

毎月一定額を支払う方式が基本

であり、

定められた最低額さえ満たしていれば

それで良いわけですが、

返済期間が長引いてしまうと、それだけ多く金利を支払う

ことになります。

これは10万円くらいの

小口融資でも変わりません。

結構、損になります。

10万円ですと毎月5千円くらいの返済ですから、

公共料金の引き落としくらいの感覚で

その額に安住してしまいますが、もし

お金に余裕が出来た場合には多めに返済してしまう方が長い目で見て圧倒的にお得

なのです。