世の中には

「学生への融資」

をうたう

学生ローン

と呼ばれる商品を取り扱う

消費者金融業者があります。

この学生ローン、

一見するとお金に困りがちな

学生に救いの手を差し伸べる

良心的な(若衆宿のような)

業者だと思いがちですが、

いくぶん注意が必要

ですので、

その点も含めて解説いたします。

東京都内の大学が集まる立地のところに、

学生向けキャッシングサービス

を展開している

業者およびそのサービスを指して

学生ローン

と呼ぶのが一般的です。

学生ローンは、

大学生、専門学校生、短大生などに対して、

使途自由金の融資を

行うことを第一に掲げていますが、

学生以外の一般人に対しても

融資をおこなっている場合があります。

ところで、民法によると

20歳未満の未成年には、

法定代理人(要するに親ですね)

が認めていない契約については、

それを取り消すことができます。

しかるに、

法的に罰則があるわけではないものの、

ほぼすべての消費者金融業者は

契約条件を

20歳以上

と定めています。

そういうわけで、

学生ローンも20歳以上

としているところが多いようです。

また学生ローンを利用する学生は、

おおかた

親に内緒でお金を借りたい

場合が多いので、

法定代理人の追認を得ようがありませんから、

おのずと業者も

20歳以上に条件を設定せざるを得ません。

学生ローンの金利は、

大手消費者金融業者とさして変わらず

上限18%前後

です。

さすがに

大口融資は認められておらず50万円上限

のところが多いですね。

注意すべき点

として、学生ローンのなかには

「学生証の提示だけでOK」

としている業者を見かけることがありますが、

このような本人確認方法は、

犯罪収益移転防止法に違反

しています。

同法では貸金業者を含む金融業者は、

国または自治体発行の

身分証によって氏名、現住所、生年月日を

確認せねばならず、

学生証はこれに当たりません

手軽で魅力的に見える

「学生証だけでOK」

という触れ込みは、

場合によっては悪徳業者のサインかも知れませんので、

もしこの触れ込みに出会ったら、

犯罪収益移転防止法の話題を

さりげなく聞いてみるのが良いでしょう。

貸金業者として登録営業しているか否かのチェック

もお忘れなく!