銀行のカードローンや

消費者金融のキャッシングは

使途自由融資ですが、

ひとつだけ条件 が付いていますね。

その条件というのは

事業性資金をのぞく

というものです。

それもそのはず、

事業性資金というのは、

行く末が成功するか失敗するかが不明な

不確実性

のため、貸金業者にとってみれば、

一段と高リスクな融資

になります。

したがって、事業性資金として融資を行う場合は、

それ専用の金融商品によって

融資を行うことになっています。

その金融商品というのが、

事業者向けのビジネスローン

などと言われている商品です。

かつては「 商工ローン

という言葉が使われていましたが、

一時、この商工ローンで

高利と強硬な取りたてが

問題になったことから、

この言葉はあまり良い意味では

使われていません。

事業性資金の融資は、言うまでもなく、

貸金業法の総量規制の対象外

です。

これは個人事業主の場合でも同じです。

それはそうですよね。

自分の年収の3分の1しか

お金を借りられないのであれば、

やりたい事業など何もできません。

そのようなわけで、銀行だけでなく、

消費者金融などが提供する

事業者向けローンでも、

原則として総量規制を気にすることなく申請することができます

ビジネスローンの申請にあたっては、

開業資金として申請する場合、

事業計画書(借入計画書)を

提出しなければなりませんが、

事業の運転資金として借り入れる際には、

計画書について不問である場合もありますので、

あまり気負わずに

一度業者に相談してみるのが良いでしょうね。