消費者金融等のカードローン以外で、

使途自由資金を得る方法として、

近年「クレジットカードの現金化」

という手法が

取り上げられることがあります。

最初に但し書きを入れておきますが、

クレジットカード現金化は違法性の高いもの

です。

法律上、この行為を禁止した条文は明示されていませんが、

法解釈において貸金業法や出資法などに違反する

という見解を弁護士会や行政は示しています。

クレジットカードの現金化が

どういう手順によるものなのかを

以下に簡単に説明します。

まず、クレジットカード会社の

加盟店になっているA社があるとします。

A社が現金化を担う「業者」

であると考えて下さいね。

A社がBさんに商品を売ることとします。

Bさんがショッピング枠の現金化を望む利用者に相当します。

A社がBさんに販売する商品は何でも構いません。

実質、ガラクタでも構わないのです。

A社がガラクタを「30万円」でBさんに販売します。

次に、Bさんがそれをクレジットカードで購入します。

その後、BさんがそのガラクタをA社に「20万円」で売ります。

そして、A社はBさんに20万円の現金を渡します。

どうですか?

この手順により、

Bさんが現金20万円を得て、

一方のA社はクレジットカード会社から

30万円分の代金の支払いを得ることができます。

※加盟店手数料が引かれますので、差額分を多くとっておくことがA社にとっては重要になります。

これは実質、

貸金業と何も変わらないというのが

弁護士会と行政の判断です。

そうであるならば、

貸金業者として届け出ていないのは違法だし、

売買差額が出資法で定める上限金利分を超えていた場合は、

やはり違法だということになります。

また、クレジットカードのショッピング枠は

転売目的の利用が禁止されていることが一般的であるため、

クレジットカード利用者の側も、

クレジットカード会社から訴追を受ける

リスクがあります。