キャッシングを利用する際に、

もっとも注意すべきなのが

多重債務です。

特に「 借金で借金を返す

という行為に手を染めてしまうと、

多重債務に一挙に触れてしまいます。

もし多重債務に足を踏み入れてしまった場合、

そこから先は

債務整理

を着実に行っていくこととなります。

「債務整理」という言葉自体は、

債務を整理すること、すなわち、

借金の返済に工夫を凝らすこと

を指す言葉に過ぎませんが、

多重債務の問題に関しては

一般に内容が段階に応じて区別されます。

まず、 任意整理 について説明します。

これは、弁護士や司法書士に間に入ってはもらうものの、

裁判所(=国家権力)の権限を用いないという意味で

「任意」の債務整理

ということになります。

具体的には

利息の見直し や、

月々の返済額の見直し

などを貸金業者と話し合い、

手打ちに持っていこうとする交渉です。

この交渉が上手くいかなかった場合、

あるいは交渉をしても

債務整理ができそうにない場合には、

特定調停

という手順を踏み、

それでも無理な場合は

個人再生

という流れになります。

そして、特定調停、個人再生でも

上手くいかないというときには、

自己破産

という手段に及ぶことになります。

特定調停では最大で利息支払いの免除

が認められます。

個人調停では最大で残高支払いの8割が免除

されます。

そして、

自己破産では生活資金を残しながら返済に充てられる分を差し引いた債務残高が免除

されます。

もし本当に多重債務から抜け出せない場合には、

早急に弁護士に相談し、

これらの手段の段階的な適応も考慮に入れなければなりません。

なぜなら、それが多重債務者を救う手段であり、

多重債務者が問題を解決し、

再び健全に社会復帰するための

最短ルートであるからです。